M e m b e r

畑 理子

畑 理子

富山県出身。小さい頃から勉強嫌い、でも絵を描いたり、裁縫をしたり、手で何かを作ることが好きでした。

中学生の時、私の学年から初めてパソコンの授業が始まって、
年賀状コンテストでクラス代表に選んでもらいました。
その時に初めてパソコンでデザインをするという職業があること、作ったものが認められる喜びを知りました。
高校生になり遊んでばかりでそんなことも忘れ去っていましたが、進路の時期ようやく将来を考え始めた時、
ふとあのパソコンでの年賀状制作、楽しかったなぁ、と思い出してグラフィックデザイン学科に決め、
東京大阪名古屋と専門学校を見学して「人が優しそう」「食べ物美味しそう」という理由だけで大阪に決め、
慣れない暮らしや毎日の課題でクタクタになりながら3年間、勉強させてもらいました。

卒業後は印刷会社に就職、数年DTPデザインをしたのち、
雑貨の企画職に就きたいと思い入った会社で販売員として働きました。
ここでの「直にお客様の動線を考えて作った企画や売り場のリアクションが目の前で見られる」という経験が
その後のデザイン職にすごく活きることになりました。

それまで制作をしていても、ちゃんとクライアントさんやエンドユーザーさんのことを考えられていたんだろうか…
納期という時間だけに追われて、営業を通してしか聞こえてこないお客様の声にどこか人ごとのような感覚だった気がします。
販売職を経験したからこそ、仕事というのはお客様がいるからあることで、
自分はその困りごとを解決できる素敵な仕事に携われているんだなと気づくことができました。
そこからは自分の作るものが大きく変わった気がします。

早くお客様に喜んでいただけるお仕事ができるよう頑張ります。
どうぞよろしくお願いいたします!