B l o g

なぜ自社でブランディングは出来ないのか

なぜ自社でブランディングは出来ないのか

ディレクトリー東京オフィスの佐々木です。
さて、弊社ディレクトリーは「ヒト・モノ・キギョウにもっと『らしさ』を」という理念を掲げています。そこには世の中にある、ありとあらゆるミスマッチを解消したいという想いがあります。弊社は一貫してブランディングという視点で、そのミスマッチを解消してきました。数多くのブランディングを行う中で、弊社では企業自身では「ブランディング」は出来ないという結論に至っています。では、なぜ自社で「ブランディング」が出来ないのかを紐解いていきたいと思います。

自社でCIを製作していた中小企業

最近は『ブランディング』という言葉も少しずつ浸透してきており、企業が業績の悪化や知名度の低さに悩んだりする時の一つの施策として『ブランディング』を頭に浮かべることも増えて来ていると思います。また、『ブランディング』という概念が定着する以前から、多くの中小企業では、「長年勤めた会社のことは自分たちが一番よく分かっている」と考え、企業内で企業理念やコーポレートメッセージなどCI(コーポレートアイデンティティ)を制作していました。それでも、消費者や企業に対し、その企業の特徴や強みが伝わり、業績も悪化せずに経営出来ていた時代がありました。そして、いままで中小企業が企業理念やコーポレートメッセージを自社で制作していた流れから、多くの中小企業では『ブランディング』についても自社で「強み」「らしさ」を考え、行っていけば良いと考える傾向にあります。

情報過多の時代に必要とされるブランディング

情報量が激増する現代において、氾濫する多くの情報の中から企業が発信する情報を認識してもらうこと、さらにそれを記憶に留めてもらうことがは非常に困難なことです。渋谷のスクランブル交差点にあるビル群の広告をいくつ記憶に留めているかを考えると容易に想像がつくと思います。では企業の情報に対して、消費者購買行動モデル・AISAS(アイサス)でいうところの認知(Attention)そして、興味(Interest)を持ってもらうには何が必要でしょうか。

ブランディングに必要な要素

ブランディングを考える時に、「コピー」「ロゴ」「ホームページ」をかっこよくするといったブランドの「表現・デザイン」にばかり目が行きがちです。デザイン会社がブランディングを手掛けていることが多いのもうなずけるところです。しかしながら、この情報過多の時代に、消費者に認知してもらい興味を持ってもらうためには、客観性を持って、伝えるべき「人・企業」に対し、「響くもの・共感を生むもの」を「どのように」届けるかを戦略的に考えていく必要があります。企業のあるべき姿を伝えるべき人に伝えるためには「コンサルティング機能」「マーケティング戦略」「クリエイティブ」の全ての要素が必要になり、さらにブランドを確立させていくためにはPDCAサイクルを回して行かなければなりません。これが「BRANDING」という「ING」が付いている理由でもあります。つまり、自社で考えた「企業理念」やただかっこいい「ロゴ」「コピー」では、ターゲットには届かない、伝わらないということです。

企業の課題解決を前提としたブランディング

ブランディングを考えている企業は、何らかの課題を抱えており、その課題解決の手段の一つとしてブランディングを検討しています。弊社では、ブランディングの話をクライアントとする場合、まずは業界の状況、そしてその企業の課題についてお話させていただき、ブランディング戦略を考えていきます。企業の課題に対して徹底したコンサルティングを行うことで、ブランディングのために必要となるアクションを選定します。例えば、企業の方からセールスプロモーションを強化したいという課題を頂いたとしても、コンサルティングをしていく中で、根本的な課題が「人財」にある場合には、「採用」を軸にしたブランディングを提案していきます。

弊社独自のブランディング手法

そこから具体的なアクションに落とし込んでいきます。一般的にブランディングを行う際にはブランドの核となるCI(ブランドメッセージなど)の見直しや作成から入るケースが多いと思いますが、弊社では「動画」を核としてブランディングしていくことが多くなっています。なぜなら「動画」はテキスト・画像のみの場合の5,000倍といわれる情報量があり、圧倒的に記憶に残りやすく、また人の心を動かすメディアだからです。ブランディングにおいて「動画」は発信する情報の最上流となり、この「動画」と一貫したトーン&マナーで、Webサイトやペーパーメディアを作製していくことで、ブランドを確立していきます。また、「コーポレートムービー」を作製する際には、ほぼインタビューの撮影を行います。インタビューの中から、自然にその会社らしさや強み、キーワードがたくさん出てきます。これらを素材としてコーポレートメッセージなどのCIを構築していくことも多くあります。

まとめ

最後は少々脱線して弊社の具体的な手法についてお伝えしましたが、今回、「なぜブランディングは自社で出来ないのか」というテーマで書いてみました。一部か全体かは別として自社主導でブランディングをしようとして、失敗してきた例をたくさん見て来ました。くりかえしになりますが、第三者機関によって「マーケティング」「コンサルティング」「クリエイティブ」を連動して進めて行かなければブランドを確立することは出来ません。ブランディングについての疑問点等ございましたら、弊社メンバー一同ご連絡をお待ちしております。

株式会社ディレクトリー
ブランディングプランナー
マネージャー 佐々木祐太